人は皆同じ、驕ってはならない

稲盛さんはよく言われています。
私は経営の才があったのかもしれないが、それはたまたま私が授かっただけのことであり、別に京セラの社長は私でなくともよかったのだ、と。
誰でも自分の意志でもってこのような才能が欲しい、このような容姿が欲しいと願って生まれてきたわけではありません。
そのような人は一人もいません。
ですから才能や容姿は偶然頂戴したしたものにすぎないわけです。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

いつまでもきれいな職場を維持していく

会社のリノベで当社のオフィスはずいぶんきれいになった思います。
5年ほど前から耐震強化も含めてリノベをしたいと思っており、ただ、借金ではなく自前資金でと思っていました。
ようやく念願がかなったわけですが、私が清掃を担当している1階のトイレについては、リノベできれいになって掃除が楽になると思った大間違いでして実際は今まで以上に掃除が大変です。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

パラリンピックに思う、人生の結果の方程式はまさにその通り

「京都弁もしゃべれない。田舎大学出身、鹿児島弁丸出しの田舎者の俺のような男はいない。みんな賢そう。実家には電話もなく、自分は電話も取れない。俺には能力はないのかもしれない。それなら一流大学を出た人や京都の人達の何倍も働こう」
これは誰の言葉と思いますか。
鹿児島大学を卒業し、碍子を製造するメーカーに就職が決まり、その会社に出社したころの稲盛さんの言葉です。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

プロへの道

今年の京セラでの新人研修報告に「きこりのジレンマ」という逸話が書かれていました。
覚えている方はおられますかね。
このような話です。
「ある木こりが、がんばって木を切っている。通りがかった旅人がその様子を眺めていたが、斧を振るう勢いの割に、なかなか木が切れていない。見ると、木こりの使っている斧が刃こぼれしているようなので、旅人は言った。『斧を研いだほうがいいのでは?』すると、木こりは言った。『わかっちゃいるんだけどね、木を切るのに忙しくて、それどころじゃないよ。』」 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

フィロソフィこそが会社の根幹

会社を運営していく上で、なにを根幹に据えるべきなのか。
稲盛哲学に出会うまで私はずっと悩んで来ました。
当たり前ですが社長なんてそれまで秋吉で呼ばれたことがあるぐらいでまったく経験していませんから、見よう見まねの社長でした。
昔の社員の方々には申し訳ないのですがブレまくっていたと思います。
稲盛さんは次のように言っています。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

パラリンピックの女王の挑戦

コロナで一年延期の末に開幕した東京オリンピックは、コロナの感染拡大が心配される中で、日本人選手やチームの活躍もあって、国民の関心もより高まってきたように思います。
そんな中ですが、五輪の次のパラリンピックで是非、見てみたい選手がいます。
ある女性アスリートを取り上げているのをテレビで見て知りました。
彼女の口癖は”Ya sama”です。
”ヤ サマ”とはロシア語で私はできるという意味です。

彼女の名前はタチアナ・マクファデン、ロシア出身のアメリカ人、生まれながらに下半身不随、車いす生活の身です。
でも、インタビューでは私にできないことはないと言い切っているのです。
事実、彼女は2013年の障がい者の世界選手権で車いすの陸上競技で、100、200、400、800、1500、5000mの6種目すべて金メダルの偉業を成し遂げます。
やがて彼女はパラリンピックの女王と呼ばれるようになります。
今回の東京五輪ではマラソンにも挑戦しなんと7冠を目指します。彼女の背中の筋肉は半端ない盛り上がり方をしていました。
右肩と左肩の筋肉が背骨の上でくっつくのです。
一体、どんな鍛錬をすればあんな筋肉になるのか。
彼女のトレーニングの凄まじさを物語っています。

彼女はモスクワ生まれで、生まれながらにして両足が委縮しており、まったく動きません。
医者からは余命いくばくもないと言われ、親からも見捨てられて、養護施設に預けられます。
床を這うように進むのがやっと、劣悪な施設では車いすもありません。
子供心にもせめてみんなと一緒に歩きたいと願った彼女は「そうだ、手で歩こう」と思いつきます。
なんと逆立ちで施設内を歩き回るようになります。
6歳になった時、転機が訪れます。
アメリカの保険省の幹部がこの施設を訪問し、彼女を見ます。
不憫さと同時に歩きたいと願う執念に感心したこともあったのでしょう、なんと彼女を養女にしたいと申し出て、米国に連れ帰ります。
障がい者に理解ある育ての親に出会い、彼女は車いすを与えられ、やがて車いすの競技に目覚めます。
努力に努力を重ね、女王と呼ばれるパラリンピックの偉人となります。
さらに驕ることなく、マラソンにまで挑戦しようとしています。

短距離からマラソンまで人間技とは思えません。
神様は彼女から両足を奪いましたが、一方で強い意思力を彼女は得たのかもしれません。
五体満足に生まれた私たちは、あれがない、これがないと文句や愚痴が口をついて出ますが、彼女を見ているとそんな自分が恥ずかしくなってきませんか。
周囲や環境、生まれや育ち、人は様々ありますが、一番大切なのは、やはり考え方だと思います。
そして熱意というか、執念です。
まさに「ヤ、サマ!」です。
人の可能性は無限です。
彼女を見て、つくづくそう思いました。
今朝のフィロソフィは「人生の結果の方程式」です。

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

考え方を変えることは自分との闘い

人生の成果、仕事の結果の方程式は今更、説明するまでもないかもしれませんが、一番大切と言われる考え方を変えるというのは、一朝一夕ではいかない難しさがあります。
当社のお客先でもあるS社の社長さんが、次のようにいわれたことがあります。
「フィロソフィで考え方を変えてがらっと変わった社員もいれば、我が強くてなかなか変わらない社員もいる。変わった人は素直さがあり、心に覆いかぶっている曇りのようなものがなくなったような感じがする。我の強い人はその曇りが厚くなっていて、引っぺがすにはなかなかの力が必要だ」 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

仕事に生き甲斐を見出す

新入社員の方の研修報告を皆さん、読んでおられるでしょうか。
なかなかいいことが書かれています。
印象に残ったのがプロとアマの違いの説明です。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

売上極大、経費極小の本質は

「売上を極大に、経費を極小に」と言われれば、誰でも企業経営はそうあるべきだと思うのです。
しかし、稲盛さんは「売上極大、経費極小とは経営の原点であり、売上を増やすために経費を増やすのではなく、経費は同じか、減少させるべきだということであり、これがもっとも道理にかなった経営である。」と説いています。
売上極大、経費極小には納得した人でも、売上は増やすが経費は増やさない、むしろ下げるんだと言われると多くの人はそんなのは無理だと言うわけです。
でもそれは売上極大、経費極小に反しているのです。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

常に謙虚

「常に謙虚であれ」と、稲盛さんは盛和塾生に諭すようによく言われていました。
私は盛和塾入塾当初は不良塾生でさして稲盛哲学の勉強せず、ただ付き合いで入塾しただけで、福井での活動ぐらいしか参加していませんでした。
その私が変わるきっかけとなったのが、生の稲盛塾長に丸2日間にわたり接したことでした。
福井で初の盛和塾の海水浴が開催されることになり、不良塾生だった私に海水浴実行委員長の役が回ってきたのです。
役目がら塾長の世話役となり、その2日間は私にとって生涯忘れえない経験と思い出となりました。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ