思わぬことはかなわない

稲盛塾長が企業経営の要諦として必ず触れるのが、まず、その事業の意義を確立し、そのことが成功する強い願望を抱き、誰にも負けない努力をすることだということです。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

鉄人・衣笠が語るプラス思考

人生を成功する絶対条件を一つだけあげれと言われたら皆さんはどう答えますか。
私は迷わずプラス思考を挙げます。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

西郷隆盛の大河ドラマに学ぶ

今週から大河ドラマ「西郷どん」が始まりました。
稲盛塾長からは再三にわたり、西郷隆盛の教えを紹介いただき、勉強させてもらってきただけに今度の大河ドラマも学びのつもりで見ていきたいと思っています。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

利他の心をなぜ判断基準としなければならないのか

11月のシスケンフィロソフィ研修会では利他の心を判断基準にするを取り上げて勉強しました。
大事な項目なのでもう一度おさらいします。
結論から言います。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

世の中なにがあるかわからない

先週は立て続けに世の中何が起きるかわからないということを思いしらされました。
まずは、私の知り合いの社長さんの工場が火災で被災しました。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

泣きながら生を受けた私達

シェイクスピアのリア王の中のセリフに「人間は泣きながらこの世に生まれてくる」というのがあるそうです。
生まれてくるなり泣いている動物はいない、人間だけです。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

才か徳か

古代中国の諺における才と徳の話で以下のような話があります。
稲盛塾長が盛和塾の例会で紹介された話です。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

絶対肯定で生きていく

会社というのはそのトップの器以上には大きくならないと稲盛さんは言い切っています。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

一燈照隅 万燈照国(いっとうしょうぐう ばんとうしょうこう)

先日、滋賀県で開かれました盛和塾の例会において、ある方の挨拶でこの言葉が紹介されていました。
比叡山のおひざ元ということもあって最澄大師の言葉と紹介されていましたが、ネットで調べる限り誰が発した言葉かは諸説あるようです。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

「有意注意の人生でなければ意味がない」

「有意注意の人生でなければ意味がない」この中村天風の言葉を最近は忘れ気味だと、先日の陸上の日本インカレの運営に携わりながらそう思いました。 続きを読む

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ